宿根草 庭や花壇、コンテナでの利用法




広い場所と大型植物
大型タイプの宿根草花は公園などの公共の広い場所で使われ」、一般家庭の庭には不向きですが、例えば20〜30平方メートルの芝生の一角に大株のアカンサスを一株だけ植えると、アカンサスが見事に生かされます。
トリトマ、タカノハススキ、一群のホリホックも同様です。

傾斜地の利用
道路と宅地面の差が2〜3mあるようなところでは土留めのコンクリートの上から庭面まで傾斜地です。
排水性がよいので、そのような環境を好んで育つジャーマンアイリス、ベルゲニア、シバザクラ、マツバギク、ツルニチニチソウ、タツタナデシコなどが適します。
3〜5段積みの土留めのコンクリートブロックの上からしだれさせるのにもジャーマンアイリスを覗く右記の植物などが適します。

植え込みの中や周辺
庭木が植えてある植え込みの中やその周辺、北面の隣家との境、台所の出窓の下などでは、日当りの程度によって植える植物が異なりますが、中から小型の宿根草花のほとんどが利用できます。
利用のコツは、植え込みの間などにスポッと的に一カ所に一種類を植え、それぞれの植物の個性を生かすこと。
執念間植えたままでよい一部の球根類も同様です。
植え込みエリアの周辺部の明るい場所では、宿根草花の仲間や一年草と混植してもよいでしょう。

花壇
生垣沿いや建物沿いに設ける、一方方向から観賞するボーダー花壇は、うしろに丈の高くなる草花を、前方には中型の草花を植え付けます。
球根類や一年草も植え付ける場合が多いので、年間を通して絶えずバランスよく花が咲くように、冬の花がない季節でも常緑の宿根草花を配置しておくなど、四季を通して美しく観賞できる場とします。
そのためには花壇構成の基本となる、何年も据え置きになる宿根草花と球根類を配置して、毎年植え替える球根類や一年草を育てる場所を決めます。
いろいろと植えてある花壇では、新たに導入するたびに修正していくか、植え替えて再配置します。

グランドカバー
裸地、植え込みの周辺など地面の表面を緑で覆うと美観を高める他、夏の地温上昇の抑制、乾燥防止、冬の霜柱の回避などに効果があります。
主として這い性植物を用いますが、ジャノヒゲ、ギボウシなど這い性があまり強くない植物を一株分ほどの間隔で一定面積植え付ける場合もあります。
夏の日陰地では春から秋まで這い性の観葉植物を用いるのもよいでしょう。

コンテナ利用のコツ
鉢物として取り扱われているものは、徐々に鉢を大きくして大鉢で楽しむことができます。
この場合はひと鉢一種類で楽しむとボリュームがあり、その植物の個性も発揮されます。一種類植えの場合は1年に一回の植え替えで連続栽培が可能です。

一年草との混植では、寄せ植えの雰囲気づくりに継続栽培されるものは別として、一年草を植え替える時に同時に彫り上げ、処分するか、鉢植えにして翌年の開花期まで別の場所で育てます。


 ナチュラルガーデン...
決して野放しでできたお庭をナチュラルガーデニングと言うわけではありません。
無理して造ったわけではなく、人々が日々の生活をしている間に、時の流れとともにできた情景、どこかの国の特別ではない風景を連想させるお庭をめざして、こだわりのガーデニンググッズ、植物をさがしてみましょう。。。


 ナチュラルガーデニングカタログ
基本のガーデニング資材・グッズ,花を引き立てるグッズ、花を育てる・守るために必要な資材などなど...
ガーデニングを楽しむ雑貨や,お庭づくりに必要なアイテムが大集合です!

ガーデニング資材・グッズカタログ
お気に入りのお庭づくりにするために...
草花や庭木、花木、果樹のほとんどがここでチェックできます。


 草花・樹木カタログ
  庭木や生垣など、大切に育てたい木々が主役のお庭づくりの情報が満載のページです。
シンボルツリーにお勧めする木、生垣や目隠しにお勧めする木、グランドカバーにお勧めの木などなど...
その他、庭づくりにかかせない資材などを紹介しています。


 木が主役のお庭づくり

楽天市場
花・ガーデン・DIYジャンルトップで探す

Menu



宿根草花とは
宿根草花の特徴 
草丈と草姿
開花期と花の咲き方
常緑性と落葉性
日当りか半日陰か日陰か
宿根草花のふるさととその気候
耐寒性と耐暑性

宿根草の使い方楽しみ方
利点と欠点を知って楽しむ
庭や花壇、コンテナでの利用法

宿根草の栽培テクニック
苗を入手する
気候の地域性と特徴
植え付け方(庭植え、花壇植え)
植え付け方(コンテナ植え)
日常の管理と主な作業
植え替えと株の更新
栽培年数と株の生育状況


宿根草のふやし方(株の更新)のいろいろ
株分け(1株を分割)
株分け(地下茎を分割)
株分け(子株を分割)
挿し木
根ぶせ

宿根草ガーデンをつくる




Pick up