庭のメンテナンス ルーフ・ベランダ・室内





ルーフ・ベランダ

コンクリート対策
コンクリートの床は夏の暑い陽射しを受けると高温になります。
そこに鉢植えを直接置くと熱が鉢植えに伝わって、植物が弱ってしまいます。
すのこを敷いたり、ポットフィートを利用して、鉢を直接コンクリートの植えに置かないようにします。

床面の管理
材質にかかわらず、常に清掃を心がけ、落ち葉などが排水溝をふさがないようにします。
タイルや石敷の床が破損したら、防水層を傷つけずに補修しなければならないので、不安な場合は専門家に依頼しましょう。

鉢植えの植え替え
鉢植えの植物は鉢ないに根が伸びる余地がなくなったら、一回り大きい鉢に植え替えをします。
引き続き同じ鉢で栽培したい場合は根を切って、根鉢(ねとその周りの土)をひとまわり小さくしてから、もとの鉢に再び植え付けます。
根を切るときは同じぐらいの割合で枝葉も剪定を。
この作業の適期は春か秋の生長が活発でないときです。
ただし、この方法は根を切られると弱ってしまう植物には向きません。


室内

土を見せない工夫
室内の鉢植えの土が目障りと感じるなら、鉢土を化粧砂などで覆って土を隠します。
ただし鉢土が見えないと土の乾き具合がわかりづらくなるので、鉢土の乾き具合のこまめなチェックが必要になります。

観葉植物を鮮やかに保つ手入れ
植物は光の射してくる方に向かって伸び、葉も光の方を向きます。
決まった方向からしか光が射さない場合は、定期的に鉢の右記を買えて、株のすべての面に日が当たるようにします。
また、室内の植物は葉の上にホコリがつもりがち。ときどき、風呂場などで株ゼzん帯にシャワーをかけて、ホコリを洗い流します。
室内は生育に理想的な環境でないことも多いので「生育を促す」より「現状維持」の気持ちで、水や肥料を与えすぎないのもポイントです。


 ナチュラルガーデン...
決して野放しでできたお庭をナチュラルガーデニングと言うわけではありません。
無理して造ったわけではなく、人々が日々の生活をしている間に、時の流れとともにできた情景、どこかの国の特別ではない風景を連想させるお庭をめざして、こだわりのガーデニンググッズ、植物をさがしてみましょう。。。


 ナチュラルガーデニングカタログ
基本のガーデニング資材・グッズ,花を引き立てるグッズ、花を育てる・守るために必要な資材などなど...
ガーデニングを楽しむ雑貨や,お庭づくりに必要なアイテムが大集合です!

ガーデニング資材・グッズカタログ
お気に入りのお庭づくりにするために...
草花や庭木、花木、果樹のほとんどがここでチェックできます。


 草花・樹木カタログ
  庭木や生垣など、大切に育てたい木々が主役のお庭づくりの情報が満載のページです。
シンボルツリーにお勧めする木、生垣や目隠しにお勧めする木、グランドカバーにお勧めの木などなど...
その他、庭づくりにかかせない資材などを紹介しています。


 木が主役のお庭づくり

楽天市場
花・ガーデン・DIYジャンルトップで探す

Menu



庭づくり入門
心地のいい庭とは...
いい庭の条件
庭に何を求めるか?
現況調査

ゾーニングとデザイン

ゾーニング/リスト見直し
ゾーニング/注意点

デザインのポイント
プロに頼む際のポイント


演出テクニック
門まわり
目かくし
駐車スペース
園路・デッキ


植物のセレクト
多様な植物を取り入れる
気候風土に合った植物選び
1年を通じて楽しめる庭を... 長い目で庭を育てるということ


庭のメンテナンス
庭・屋外全般
ルーフ・ベランダ・室内