ゾーニング リストの見直し





庭に何を取り入れたいのかが明確になり、現地調査もすすんだらいよいよ庭の設計です。
設計はゾーニングとデザインの二つの工程からなります。


ゾーニング
たとえば、庭にハーブの区画をつくる場合、勝手口の近くにあれば、調理中でもすぐに収穫できて便利です。
そして、ハーブの多くは半日以上日の当たる場所を好むので、勝手口の近くで、なおかつそのような日照条件のところがハーブの区画としては望ましいということになります。
このように、用途や使い勝手、土地の条件に応じて、庭に取り入れたい要素の場所決めをすることをゾーンングといいます。

ゾーニングの前に、まず庭に取り入れたい要素のリストを見直します。
見直しの手順は以下のようになります。


1 庭に書けられる時間とコストをかんがえる
庭を維持していくには手入れが欠かせません。
いくら「すばらしい」庭ができても手入れを怠ってしまったら台無し...
雑草はまっていてはくれません。
でも、手入れにかかる時間は庭の構成材料によって大きく変わってくるのです。
例えば、芝生は地面を覆う素材としては人気があります。雑草も比較的映えてきません。
しかし手入れがとても大変といわれています。
もし、手入れがおっくうな人や、そんな時間ナイ!という人は芝生は断念しなければなりません。
そのかわりにほかの植物や鋪装材に変えていけばいいのです。
そのように、前回でまとめあげたリストを1つ1つ見直していきましょう。

2 要素の組み合わせ
リストアップした要素の中には、組み合わせて一つに扱えるものもあるかもしれません。
たとえば、「庭に自然の木陰をつくりたい」と「パーゴラを取り付けたい」と「果樹を植えたい」の3つはパーゴラにキウイを仕立てれば、1つにまとまりますよね。
こんな組み合わせをしていきながら、リストをコンパクトにしていきます。


3 リストに優先順位をつける
最後になりますが、お庭にはやっぱり限度というものがあります。
すべての要素が取り込めるわけにはいかなくなるかもしれません。
そんなときのために、優先順位をつけておきます。


 ナチュラルガーデン...
決して野放しでできたお庭をナチュラルガーデニングと言うわけではありません。
無理して造ったわけではなく、人々が日々の生活をしている間に、時の流れとともにできた情景、どこかの国の特別ではない風景を連想させるお庭をめざして、こだわりのガーデニンググッズ、植物をさがしてみましょう。。。


 ナチュラルガーデニングカタログ
基本のガーデニング資材・グッズ,花を引き立てるグッズ、花を育てる・守るために必要な資材などなど...
ガーデニングを楽しむ雑貨や,お庭づくりに必要なアイテムが大集合です!

ガーデニング資材・グッズカタログ
お気に入りのお庭づくりにするために...
草花や庭木、花木、果樹のほとんどがここでチェックできます。


 草花・樹木カタログ
  庭木や生垣など、大切に育てたい木々が主役のお庭づくりの情報が満載のページです。
シンボルツリーにお勧めする木、生垣や目隠しにお勧めする木、グランドカバーにお勧めの木などなど...
その他、庭づくりにかかせない資材などを紹介しています。


 木が主役のお庭づくり

楽天市場
花・ガーデン・DIYジャンルトップで探す

Menu



庭づくり入門
心地のいい庭とは...
いい庭の条件
庭に何を求めるか?
現況調査

ゾーニングとデザイン

ゾーニング/リスト見直し
ゾーニング/注意点

デザインのポイント
プロに頼む際のポイント


演出テクニック
門まわり
目かくし
駐車スペース
園路・デッキ


植物のセレクト
多様な植物を取り入れる
気候風土に合った植物選び
1年を通じて楽しめる庭を... 長い目で庭を育てるということ


庭のメンテナンス
庭・屋外全般
ルーフ・ベランダ・室内